困ったときはカギのQ&A


トラブルを防ぐために

− LOCK&KEYは生命・財産を守ります。−

近年、新聞やTVなどで犯罪の多発と凶悪化が報道されています。金融機関やコンビニなどが狙われるだけではなく一般の住宅さえ被害の対象となることが多くなっています。トラブルを未然に防ぐためには以下のような心掛けが重要です。

■ちょっとした外出の時も施錠をする
■カギは誰にでも預けたりしない
■賃貸マンションなど、新しく入居した場合は錠前を交換する
■防犯性の高い錠前を取付ける
■1ドア2ロック、ドアには2つ以上の錠前を取付ける
■セキュリティーシステムを導入する (防犯カメラ・防犯ベル・警備システムなど)


カギのQ&A

Q
『カギを掛ける』って言うけど、カギと錠の違いって?
A
カギはキー(KEY)、錠はロック(LOCK)と言います。
カギで錠前を開けたり、掛けたりすることを施錠・開錠と言います。
合カギのハヤカワはカギと錠、両方の専門店です。
Q
どんな錠(ロック)が安全ですか?
A
ワン・ドア・ツー・ロックといって、ひとつのドアに2つ以上の錠前を付けましょう。 カードロックや特殊タイプのキーを使った安全性の高い錠前が安全です。
合カギのハヤカワは常に最新式の錠前を取り揃えております。
Q
カギが無くてもドアを開けることができるの?
A
カギと錠の専門店へ依頼してドアを開けてもらうことが出来ます。
信頼できる会社(日本ロックセキュリティ共同組合員・防犯設備士)を選んでください。
金庫・クルマ・住宅などでも開錠することができます。

 

 

合カギのハヤカワは
日本ロックセキュリティ共同組合員・防犯設備士です。


Q
ロック・スミスってどんな人?
A
カギと錠前についての専門家です。(カギ師・錠前師とも言います)
知識・技能・サービスが優れ、また職業倫理を理解しているセキュリティの専門家です。

 

 

合カギのハヤカワでは
熟練したロックスミスがサービスにあたっています。


Q
トランスポンダーってなに?
A
95年以降のヨーロッパ車、また最近の一部国産車にはイモビライザーシステムというものが採用されています。キーヘッドに『トランスポンダー』というチップが埋め込まれており、チップと車のコンピューターコードが合わないとエンジンが掛からない盗難防止のシステムです。