オートロックだから安心?
分譲マンションなどの集合玄関は、自動ドアや電気錠でオートロックとなっている建物が多いと思いますが、実際のところ、入居者と共連や室内側からの外室時に入り込む方法で進入ができ防犯上は安心とは言えません。
建物の構造によっては廊下の塀を乗り越えれれば簡単に進入出来たり、ゴミ出しの際閉らないように物をドアの挟めたり、オートロックの場合は一旦建物内に進入してしまえばかえって目立なく、犯罪者に帰って好都合となります、ピッキングやサムターん回しなどの格好標的となり、建物内で複数の被害が発生する温床ともなりがちです。
テンキー(暗証番号)により開錠し入室する様なシステムの場合は、同じ暗証番号を複数の方が使用する場合が多く暗証番号が外部に漏れ犯罪者に利用されるケースもあります、キーで使用も場合は第3者に合鍵が渡ることも十分考えられます。
オートロックだから安心と思い過信し自宅の玄関を施錠せずに空き巣の被害に合うケースも少なくありません。
対策として、非接触のカードやタグなどのメディアを使用したシステムが安心と言えるでしょう、こうしたメディアを使用したシステムは使っていたカードやタグを登録や抹消できセキュティのレベルも上がります。
こうした事から、オートロックは付いていない場合よりは安全と考えるのが妥当でしょう。
集合玄関のインターホン
非接触のタグ