電気錠ってなに?
電気仕掛けで動く錠と、それに付随する入退室管理システムのことです。
主に、キー以外で開け閉めをしたり、離れた所から操作したりできる、たいへん便利な商品です。
各種機器の組み合わせで、いろんな場面に対応するシステムを組むことができ、ゲート(ドア)における人間の出入をコントロールすることができるようになります。
おおまかに、電源接続で動作するものと、電池で駆動するものがあります。
電池式は、設置は簡単ですが、維持は面倒(電池の交換)です。
逆に、接続式は、錠以外にも多様な制御機器が必要になり、価格はそのぶん高価になります。
遠くから操作できたり、様々な機器と連動したり、出入りの履歴(誰が出入りしたのかその記録が取れる)やドアの開閉状態などを離れたところで確認出来たりします。
また、タイマーなどで一定の時間だけゲート(ドア)を開放や施錠しておくこともできます。
様々な機器との連携も可能です、読み取り部(リーダー)最近ではとくに指紋・静脈・手型・顔などのバイオメトリクス機器や、フェリカ・スイカなどのICチップを応用したカード、携帯電話をリーダーした機器との融合も進んでいます。
電気錠も万能ではなく弱点もあります、電気的に動作するので停電や電気的なトラブル、結露などにより動作しなくなる事もあります、電気錠本体や制御部、配線などシステムを構成している部品の数も当然多い訳ですから、メカニカルな錠に比べるとトラブルは多くなるのは仕方のない所かもしれません。
1年また6ケ月毎に専門業者さんに定期的なメンテナンスを受ける事がいいでしょう。