生体認証・バイオメトリクス

指紋や網膜、人相といった各個人固有の身体的特徴をもとに本人認証を行なう技術で、「バイオメトリクス」と言われる。パスワードや鍵といったものがないため、盗聴やなりすましが事実上不可能なため、現時点でもっとも確実な認証方式です。 一昔前は機器も高価だったため、きわめて高度なセキュリティを要求される機関や団体での利用に限られていたが、最近では低価格化が進んでいる。特に、指紋認証は通常のノートPCやPDAなどにも搭載されるようになり、精度も人相や署名などの認証に比べて高いため、実用的と言える。

最近よく話題に上がる銀行やクレジットカードのスキミング(手のひら程のスキマーと呼ばれる機械に、キャッシュカードの磁気部分を通し磁気情報を読み取り、その情報をもとにカードを偽造して預金を引き出す犯罪である。)による犯罪事件か急増しております、特に銀行系のカードの安全対策は遅れておりましたが最近は静脈や指紋を使ったATMなども登場し銀行も安全対策に本腰を入れてています。
より高度なセキュリティを求められる社会になり、今後は生体認証技術を導入し社会でそれに触れる機会も、多くなることでしょう。